交流分析の学び方

 

交流分析の学び方は様々ですが、NPO法人日本交流分析協会では、交流分析士初級・2級・1級・インストラクター・准教授・教授という学びやすいステップを用意しています。資格ごとに試験があるのも、着実な知識・実践力がつきやすいと好評です。

詳しくはこちら(日本交流分析協会のHPへ)

価格は2014年4月1日からのものです。(8%消費税)

 

 

各種資格講座  奨学制度などお支払いの優遇制度があります。ご相談ください。


この講座を受講すると、交流分析士2級の受験資格を得られます。

少なくとも40時間の受講が必要です。

2級の受講には、日本交流分析協会の会員であることが条件となります。

あづみ野教室では短期集中~じっくり実力育成タイプまでの講座があります。

可能な限りご希望に応じて開講していますのでご相談ください。

 

受講料:¥52,920 認定試験¥32,400 登録料 ¥21,600


1級の受験には、2級合格後6か月以上が必要です。1級講座を受講して受験資格を得てから、1級試験に合格しますと「交流分析士1級」の資格が取得できます。

あづみ野教室では2級講座と同様に短期集中~じっくりコースまでの講座があります。

ご相談ください。

 

受講料:¥52,380  認定試験¥37,800  登録料¥32,400


関東支部主催のもの、あづみ野教室主催のものがあります。

関東支部主催の入門講座はテキスト「現代の交流分析」基礎編の代金を含んで4,000円。5時間の1日講座です。交流分析の概要をしっかり学びます。

あづみ野教室主催の入門講座は、約3時間、オリジナルの資料をつかって交流分析の概要のポイントをお話しします。1,500円から。(資料代を含みます)


初めてTAを学ぶ方が対象です。とにかくTAのジャンルをひととおり勉強してみたいかた、資格というよりリーズナブルに勉強してみたい方向き。安曇野市では希望者が8名以上、それ以外は10名以上で開講します。ご相談ください。

受講料:¥1,500円/回より(会場費・テキスト代別)場所によっては交通費別途。


広く交流分析初学者のための一般成人向けプログラムです。

「交流分析士」では、2級資格の前段階に位置付けられる資格です。20時間の受講と1日の認定試験に合格することが必要です。

 

受講料:¥26,460 認定試験¥17,280 登録料¥12,960


官公庁・教育や福祉関係、企業の健康保険組合など、一定の条件を満たす事業所などからの依頼を受けて費用を協会が負担して行う講座。TAの普及が目的の講座です。3時間が上限ですが、無料で学ぶことができます。ご希望の場合はあづみ野教室か日本交流分析協会関東支部までお問い合わせください。

受講料:¥0


二級講座を終えた方々で、かつご希望のある場合フォロー講座に参加できます。やはりTAに触れ続けるということが成長・進化には必要なことだと思いますので、可能であれば仲間とともに学び続けてください。

火曜日クラス・水曜日クラス・金曜日・土曜日曜日と何クラスもありますのでご都合の良いクラスにお気軽にどうぞ。原則 1回/月 

受講料:¥1,500/回より  会場費や講師交通費などの違いから会場ごとに若干違います。